凱旋門賞 2012 登録馬 展望

にほんブログ村 競馬ブログへ
凱旋門賞 Prix de l’Arc de Triomphe ロンシャン2400芝 10/7
出走予定馬
オルフェーヴル Orfevre 牡4 59.5
デインドリーム Danedream 牝4 58.0
キャメロット Camelot 牡3 56.0
ナサニエル Nathaniel 牡4 59.5
シャレータ Shareta 牝4 58.0
ソオノワ Saonois 牡3 56.0
スノーフェアリー Snow Fairy 牝5 59.0
マスターストローク Masterstroke 牡3 56.0
セントニコラスアビー St Nicholas Abbey 牡5 59.5
メオンドル Meandre 牡4 59.5

10月7日 日本時間の23:30頃に発走予定の凱旋門賞の登録馬です。
日本からは去年の三冠馬オルフェーヴルが出走予定という事で、地上波フジテレビで22:00~23:45の間に中継するみたいですね。

主な出走馬としては去年の覇者デインドリーム。
日本でもお馴染み、エリ女連覇したスノーフェアリー。(故障により回避)
去年のキングジョージの覇者ナサニエル。
去年のBCターフ、今年のコロネーションC勝ったセントニコラスアビーなど、世界トップクラスの強豪馬が揃ってます。

そしてもう1頭、今年の英二冠馬キャメロットも直前で出走の可能性が出てきたようで、もし出走すれば豪華になりますねー。

もちろんオルフェーブルは応援してますし、期待もあるんですが、まぁ負けて当然っていう風に思ってます。
っていうのは、やっぱり日本と欧州ではレースもコースも違いすぎると。
だから凱旋門賞で凡走したとしても、日本で種牡馬入りする限り、何も評価が下がる理由にはならないはずなんです。

日本場が凱旋門賞勝った事が無いのと同じように、凱旋門賞馬もジャパンカップ勝ってないわけですからね。

(1988年以降)

日本馬の凱旋門賞成績
1999年 エルコンドルパサー 2着
2002年 マンハッタンカフェ 13着
2004年 タップダンスシチー 17着
2006年 ディープインパクト 失格(3位入線)
2008年 メイショウサムソン 10着
2010年 ナカヤマフェスタ 2着
2010年 ヴィクトワールピサ 7着(8位入線)
2011年 ヒルノダムール 10着
2011年 ナカヤマフェスタ 11着

凱旋門賞馬のジャパンカップ成績
1988年 トニービン 5着
1989年 キャロルハウス 14着
1993年 アーバンシー 8着
1996年 エリシオ 3着
1999年 モンジュー 4着
2004年 バゴ 8着
2011年 デインドリーム 6着

それぞれ環境の違いで力が出せなかったという理由もあるでしょうけど、モンジューなんて欧州ではバケモンでしたからねー。
トニービン以外日本でまったく種牡馬として成功してない事からも、明確な適性の違いは証明されてますよね。

メイショウサムソンやナカヤマフェスタみたいなタイプならともかく、オルフェーヴルみたいな馬はあまり適正は無いハズです、まぁだからこそ勝ったらすごいんですけどねー…。

フォワ賞 2012 結果 動画
キングジョージ6世&クイーンエリザベスS 2012 結果 動画
ジャパンカップ 2011 結果 動画
エリザベス女王杯 2011 結果 動画
ブリーダーズカップ クラシック・マイル・ターフ 2011年結果
凱旋門賞 2011 結果 動画

ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。