CRルパン三世~消されたルパン~ セグ潜伏判別・止め打ち攻略

ルパン三世~消されたルパン~

ルパン三世~消されたルパン~ リベンジボーナス時のセグ判別

リベンジボーナス(4R通常or4R確変)からリベンジチャンス(時短)に突入。
時短抜け後も潜伏の可能性ありで、リベンジボーナス時にセグによる判別が必要。

ルパン パチンコ セグ
の部分がヘソ入賞時のセグ
※赤が朝一ランプ

通常4Rセグパターン

・緑の部分が4個点灯で通常の可能性UP
・左から1236・1238・1245・1258・1267・1348・1456・1478・2345・2347・2356・2378・2567・3458・3678・4578
258・368

は、通常濃厚。

止め打ち攻略

※電チュー開放は2回1セットで、6カウントでリセットされる。

2回目の電チュー開放終了直前に3~4発打ちだし

1回目の電チュー開放から直後に3~4発打ちだし

(スルーの抜け具合を見ながら、微調整して繰り返す)

大ヒット機種となりました、パチンコルパン三世のセグと止め打ち攻略です。

結構増大してるホールも多く、10万台を突破したとか…。
設置されてからドンドン人気を上げてきた機種ってなかなか珍しいですね。

4R大当たり後の潜伏

4R大当たり後(リベンジチャンス後)の通常確変セグパターンも大体わかってきたようですね。
上記のセグの部分が3・5個点灯だと、確変の期待大になります!

その他、上記の通常濃厚セグ以外の場合は、潜伏確変濃厚なんで、リベンジチャンスを抜けた後も様子を見ましょう。

雷雲モード時の潜伏

以前の記事でも書きましたが、出玉無し確変や小当りで突入する雷雲モードも潜伏の可能性あり。
こっちはラウンドランプ群で判別しましょう。
CRルパン三世 消されたルパン セグ・スペック・潜伏攻略

止め打ち

電サポは、ロング解放が2回で1セットです。
打ち出しのタイミング、難易度はそんなに難しくないですね。

ただ、6個入賞でリセットされるので、5個入賞後に捻りでオーバー入賞狙えば効果は上がりそうです。
慣れてきたら、状況を見つつ狙っていきましょうー。

あとは大当たり消化中も、もちろん捻り打ちできますね。
賞球は9カウントで1ラウンドなんで、8カウント後に。

ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。