CR ALL2025 with 100 打ち方・止め打ち攻略

CR ALL2025 with 100 止め打ちパチンコ 機種別解析

CR ALL2025 with 100 大当たり中止め打ち

ラウンド間止め打ち(9C/1ラウンド)を推奨
・捻り打ち手順は
8発入賞させ、9発目を屋根にひっかけるように打ち
10発目を強めに打ってオーバー入賞を狙う。

電サポ中止め打ち

開放パターン

CR ALL2025 with 100 開放パターン

①点灯 ハズレ
②点灯 ショート→ショート→ショート
①・②点灯 ロング→ロング→ロング→ロング
止め打ち手順
②点灯時
3回目の開放が開いたら打ち出し
次のランプが決定したら打ち止め
①・②点灯時
1回目開放が閉じたら1発
2回目開放が閉じたら1発
4回目の開放が開いて少しためて打ち出し
次のランプが決定したら打ち止め

パチンコ「CR ALL2025 with 100」の打ち方・止め打ち攻略についてです。

本機はボーダーが辛いため
実践する際は少しでも無駄玉を出さないよう心がけること大事になります。

大当たり中の技術介入について

メインの消化は下アタッカーで、
上アタッカーは16R大当たりの16R目のみの消化になります。

大当たり中の技術介入ですが、
上アタッカーはオーバー入賞がしやすく
逆に下アタッカーはセンサー感知がするどくゲージもきついためオーバー入賞に期待できません。

上アタッカー消化中はワンツー捻り打ちをする価値があると思いますが、下アタッカー消化時はラウンド間止めで十分だと思います。

電サポ中の技術介入について

電サポが1個返しと技術介入要素は少ないですが、
打ちっ放し消化は確実に玉が減ってしまいます。

開放パターンもシンプルで比較的止め打ちしやすい機種だと思いますので止め打ちを実践してみましょう。。

CR ALL2025 with 100
パチンコ 記事一覧・解析まとめ

ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。