CRFマイケルジャクソン 打ち方・止め打ち攻略

CRFマイケルジャクソン 打ち方パチンコ 機種別解析

CRFマイケルジャクソン 通常時の打ち方

ストローク

・やや弱め打ち推奨

大当たり中の打ち方

・ラウンド間止め打ち(9C/1ラウンド)を推奨
・捻り打ち手順は8発入賞させ、9発目を屋根にひっかけるように打ち10発目を強めに打ってオーバー入賞を狙う。

電サポ中の打ち方

単発打ち手順
開放が閉じる瞬間に1発
繰り返し

パチンコ「CRFマイケルジャクソン」の打ち方・止め打ち攻略についてです。

大当たり中の止め打ちについて

ラウンド間のインターバルがあるので、
最低限のラウンド間止め打ちが重要になります。

打ちっ放しで消化した場合、
ラウンド間止め打ちと比較すると16R大当たり時に約60~70発も損することになります。

電サポ中の止め打ちについて

電サポ中は止め打ち手順が簡単で、かつそれなりに効果が見込めます。

CRFマイケルジャクソン スルー
スルー周辺の釘のマイナス調整にだけ気を付けてチャレンジしてみましょう。
※マイナス調整の場合、かえって玉減りしてしまうことがあります。

CRマイケルジャクソン
パチンコ 記事一覧・解析まとめ

ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。