CRモンキーターン4 打ち方・止め打ち攻略

モンキーターン4 打ち方パチンコ 機種別解析
©西陣

通常時の打ち方

・4個保留なのでオーバー入賞を避けるためヘソ保留は3個まで貯め、そこから1~2個打ち

ストローク

調査中

大当たり中の打ち方

左アタッカー

・アタッカーが開いたら2発
・入らなかった場合1発追加

右アタッカー

・オーバー入賞効果が高いので捻り打ち推奨
・捻り打ち手順は9発入賞させ、10発目を屋根にひっかけるように打ち11発目を強めに打ってオーバー入賞を狙う

電サポ中の打ち方

モンキーターン4 ランプ

開放パターン
①点灯 ハズレ
②点灯 5回ショート開放
①・②点灯 3回ロング開放
止め打ち手順
まず最後の開放が閉じる直前から2発
ランプチェック ②点灯:1,2,3回目の開放が開いたら1発ずつ
①・②点灯:1,2回目の開放が開いたら2発ずつ

パチンコ「CRモンキーターン4」の打ち方・止め打ち攻略についてです。

大当たり中の打ち方について

大当りはすべて2Rですが、ヘソ入賞時は10個賞球/2C、電チュー入賞時は15個賞球/10Cとなり、開放するアタッカーも変わります。

出玉の少ない左アタッカーはオーバー入賞を狙わず2個打ちで丁寧に消化しましょう。
右アタッカーはセンサー感知が遅くオーバー入賞しやすいようです。
てっぺんの形状も捻り打ちに適しているので積極的にオーバー入賞を試みましょう。

電サポ中の打ち方について

開放パターンに合わせ1~2個打ちで合わせる必要があるようです。
最後の開放のタイミングをまず掴んで、ランプ点灯を確認。
もし正確にランプを確認しながらが難しい場合、ショート開放パターンは5回、ロング開放パターンは3回と覚えておくといいかもしれませんね。

CRモンキーターン4
パチンコ 記事一覧・解析まとめ

ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。