CRフィーバークィーン 2018 打ち方・止め打ち攻略

CRフィーバークィーン 2018 打ち方パチンコ 機種別解析
©ジェイビー

通常時の打ち方

・8個保留なのでオーバー入賞を避けるためヘソ保留は6~7個まで貯め、そこから1~2個打ち

ストローク

調査中

大当たり中の打ち方

・天打ちで消化し左右に散らしオーバー入賞を狙う
※効果は低く、右釘の調整が渋い場合は左打ちで消化

1/219ver. 1/106ver.
賞球数 13個 10個
カウント数 9C 8C

電サポ中の打ち方

・電チューが開いた瞬間に2発

パチンコ「CRフィーバークィーン 2018」の打ち方・止め打ち攻略についてです。

大当たり中の打ち方について

左右対称のゲージとなっているため、釘調整次第ではありますが天打ちで消化し左右に散らすとオーバー入賞率が上がると思います。

電サポ中の打ち方について

開放パターンがシンプルで、止め打ち手順も2発打ちの繰り返しとなっているようです。
電チューがアタッカーの下部に設置されており、道中にマイナス調整が多い場合は玉減りは必至。電チューに玉が届かず消化があまりに遅い場合は打ちっ放しで消化し演出発生時には打ち出しをストップしましょう。

CRフィーバークィーン 2018
パチンコ 記事一覧・解析まとめ

ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。