CR牙狼-魔戒の花- 新台スペック情報 朝GAROモード・牙ゾーンなど

ガロ魔界の花
©サンセイR&D

スペック

大当たり確率 1/399.6→1/109.8
小当たり確率
賞球数 3&7&8&15 ヘソ3個返し
カウント数 9C
ST突入率 53%
ST回数 161回
実質ST継続率 77%
初当たり時平均連チャン数 3.24連
時短回数 100or161回
平均出玉
16R 約2020個
15R 約1890個
13R 約1640個
初当たり平均出玉 約6050個
トータル確率 13R 1/106.2
ヘソ入賞内訳
16R確変(電サポ161回) 38%
15R確変(電サポ161回) 5%
13R確変(電サポ161回) 10%
13R通常(電サポ100回) 47%
電サポ入賞時内訳
16R確変(電サポ161回) 100%

引用:パチンココレクション

導入日2015/10/13、パチンコガロ新台「CR牙狼-魔戒の花-」が登場です。

パチンコMAX規制によって、基本的に2015年11月以降の機種は大当たり確率上限が1/320程度になってしまいます。

MAXタイプでお馴染みのガロシリーズも、1/399.6と荒いスペックで出さるのは今作が最後となりそうで、注目が集まっています。

前作との違い

基本的には前作の「金色になれ」とスペックは大きくは変わらず、止め打ちやボーダーなども大きく変わる事は無さそうです。

詳しい止め打ちやボーダーなどはこちらを参照↓
CR牙狼-魔戒ノ花- スペック・ボーダー・止め打ちまとめ

新要素について

新しい要素としては、朝一10回転ほど限定の「朝GAROモード」などがあります。

朝一はフェイスオブガロが完成した状態で遊戯でき、その間は専用演出があるようですね。

この間のリーチには「鋼牙vs零リーチ」などの演出が発生する可能性がありますが、当然大当たり確率には変化がないため、朝ガロモード中に当選するのは稀です。

その他、1stバトルで敗北後の時短中に「牙ゾーン」に突入する事があり、この場合は内部STが確定となります。
これも、時短中に実はSTでした…って事なので、立ち回り上影響する事は無いですね…。

他にもリーチ演出など、新しい要素は多く組み込まれてそうですが、スペックや立ち回り的に新たに注意する部分はとりあえず無さそうです。

ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。