マクロスフロンティア2 ゾーン振り分け解析

マクロスF2 ゾーン
©SANKYO

マクロスフロンティア2 ゾーン振り分け解析

  通常A 通常B・C 天国A 天国B・C
33G 1.0% 1.0% 1.0% 1.0%
111G 3.0% 0.5% 10.0% 100%
222G 0.5% 3.0% 10.0% 50.0%
333G 10.0% 5.0% 100% 50.0%
444G 2.0% 25.0% 12.5% 100%
555G 33.3% 2.5% 12.5% 100%
666G 0.5% 10.0% 100% 100%
777G 12.5% 0.5% 100% 100%
888G 10.0% 5.0% 100% 100%
999G 50.0% 25.0% 100% 100%

設定差のある特殊ゾーン

  設定1~3 設定4 設定5 設定6
60G(66Gで発動)       1.0%
70G(77Gで発動)   1.0% 2.0% 3.0%
958G(964Gで発動) 0.5% 0.5% 0.5% 5.0%
1167G(1173Gで発動) 0.5% 0.5% 5.0% 10.0%

マクロスF2のART当選ゾーン振り分けです。
ボーナス間のゲーム数で、ARTを抽選してますね。

モードを参照して、基本的にはゾロ目G数でART抽選が行われ、最大36G前兆を経由して発動します。

ゾーン振り分けには、高設定確定パターンも含まれます。
この機種は高設定演出はかなり多いですねー。

狙い目ゾーン

基本的にはモードがわからない限り、ゾーンは狙いにくいと思います。

しかし、比較的移行しやすいモードAで濃いゾーンとなってる555Gのゾーンは、ちょっと期待値ありそうです。
マクロスフロンティア2 モード移行率解析

520Gあたりまで回っていれば、555Gのゾーン狙いはする価値あると思いますね

最悪、引っ張られたらそのまま天井狙いもアリかな…?

特殊ゾーンについて

モード不問で発動する特殊ゾーンが存在します。

958G、1167G出の発動は設定差が大きく、66Gでの発動は設定6確定
77Gでの発動は設定456確定です。

これらの特殊ゾーンは前兆G数が決まっていて、それぞれ66G、77G、958G、1167Gで発動するようですね。

確率的には結構あるので、注意して消化したいところです。

前兆G数にも設定差

基本的に前兆G数は、ゾロ目で確定し、+3~32Gで発動といった流れ。

ただし設定456の場合だけ、0.7%の確率で33~36Gの前兆を経由して発動します
つまり、555Gのゾーンであれば、588~591GでARTが発動すれば高設定が確定なわけですね。

まぁ、データカウンタを見ると微妙にずれてる事もあるので、その場合はしっかり筐体のG数で確認したほうが良さそうです。

マクロスフロンティア2
記事一覧・解析まとめ

にほんブログ村 トラコミュ パチスロ・スロット 設定狙い稼働・解析へ にほんブログ村 トラコミュ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ
ブログ内検索 
スロットカレッジ

3件のコメント

  1. 匿名 のコメント:

    ようやく解析出たんですね。
    モードAとBでもボーナス当選率にそこそこ差があるので、個人的には実質ゾーン期待度はそこまで変わらないと思います。
    999からも全然出てこないですしね…

  2. ぼんた のコメント:

    嵌れば嵌るほどモードBの期待度が上がっちゃうんで微妙ですよね
    520は個人的にはちょっとキツイかも?と思います
    最低530は欲しいかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。