ギャンブル全般に関する期待値の優位性【Q&A】

こんばんわ。いつも、ブログ楽しく拝見させて頂いています。

いきなり質問で恐縮なのですが、お時間あるときにぜひよろしくお願いします。

馬券についてなんです。
たけしさんは、自分の買っている馬券が期待値がある馬券だと確信されているのでしょうか?

スロットの期待値は雑誌がシュミレーションを重ねた数字を公表してくれますので、変な言い方ですが答え合わせができると思うんです。
もちろん、雑誌の数字が絶対ではないし、本当の期待値なんて正確にはでないですが、おおまかな確認はできます。

ただ、馬券にはそれがありません。
たけしさんは、自分の買っている馬券がひょっとしたら期待値がない馬券なのでは?と悩んだりしないのでしょうか。
やはり、最初は悩まれながら買っていたとは思うんですが、それがなくなった根拠、確信をもった理由などあれば教えて下さい。

また、たけしさんは予想オッズをサイトに挙げられていますが、自分の予想オッズと実際のオッズにどれ位の差があればかけるべきとお考えでしょうか?
スロットのハイエナにも時給2000などラインがあると思いますので馬券にもあるとは思っているのですが。

お忙しい中、すみません。お時間あるときにぜひお教え下さい。

こんにちは、たけしです。
いつも見て頂いてありがとうございます!

期待値の答え合わせについて

確かに、答え合わせが出来ないって言い分はすごくよくわかります。
天井狙いだったら、雑誌の期待値と多少のズレはあっても期待値プラスは間違いなですからね。

パチンコの正攻法なんかも同じで、実際の平均出玉と平均投資額から期待値計算すれば、答え合わせはできますからね。

ただ、期待値を取る上で、確実に毎回期待値を取る必要はないんですよ

試行回数をこなしていく上で、「期待値がある可能性」が「期待値が低い可能性」より高ければ、結果的に期待値はプラスになりますから。

例えばスロットの宵越し狙い。
宵越ししてれば期待値+5000円、してなければ-2000円の場合に、50%50%の可能性であれば、結果的には+1500円です。
多少宵越しの可能性を見誤っても、期待値は大体プラスになりますね。

スロットの設定狙いでも、毎回設定6をツモれなくても、3回に1回ツモれればプラスになりますよね。

株式投資やFXなども同じ、毎回の取引を確実に期待値プラスに出来る人はいません、トータルで考えて期待値プラスになります。

それと同じように、競馬でも全てのレースで期待値プラスにならなくても、トータルで期待値がプラスになれば問題ないわけです。

大事なのはトータルで期待値がプラスになるという優位性と根拠です。

宵越し天井狙いで、宵越しが効きやすいという優位性。
高設定狙いで、スロットの高設定が圧倒的に入ってるという優位性。

同様に、馬券を買う上での、期待値が高くなりやすい根拠とその優位性を理解できていれば、期待値がプラスになる可能性を高くできるわけです。
期待値プラスの答え合わせが出来ないからこそ、付け入るスキがある場合が多いと思いますね。

競馬の優位性を決める根拠

根拠は膨大なサンプルデータが主な根拠になります。

一つ例を挙げると、馬番の奇数・偶数。
これはトータルで考えると、偶数番の方が奇数番のほうより期待値は高くなります。

単勝回収率に換算すると、2~3%の差が過去数年のデータから出てきますね。
単勝の還元率は約80%なため、これだけでは当然期待値プラスにはならないですけど、こういったフィルターを掛け合わせる事により、期待値プラスになる根拠を作り上げたりするわけです。

ちなみに偶数番のが期待値が上がる仕組みは、ゲート後入れだから。

ゲート内で留まる事は馬にとってストレスでしかなく、先入れよりも後入れの方がストレスが少なく、好スタートを切れる可能性が上がります。

このゲート入れの順番による優劣があるにも関わらず、購入者は考慮する人が少ないため(←これが重要!)、単純に期待値が上がる傾向があるというわけです。

データだけではなく、それが成り立つ仕組みもしっかり理解できていると、期待値はより確実なモノになりますね。

予想オッズと買う目安

自分の予想オッズが実オッズより上回っていても、控除率があるためそれも考慮しなくてはいけません。

単勝で控除率20%としても、予想オッズが実オッズの1.25倍じゃないと買う価値は無いですね。

もちろん、予想オッズの精度は完璧なモノじゃないですから、1.3~1.4倍くらいからを目安に、倍率が大きくなるに連れてリスクを取って賭けるのがいいんじゃないでしょうか?

にほんブログ村 トラコミュ パチスロ・スロット 設定狙い稼働・解析へ にほんブログ村 トラコミュ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ
ブログ内検索 

10件のコメント

  1. ぐら のコメント:

    以前自分もコメント欄で同じような質問しましたね。
    結局のところ競馬は、実際のオッズより的中率が上回っている部分を見極める。すると本来の競馬の控除率を超えた分の期待値が収支になる。
    その方法は過去のデータからオッズ以上の勝率がある馬券を推測することである。
    ただし、その過去のデータも本当に恒久的なものなのか、現在のレースに適用できることなのか、など色々と腑に落ちない点はあります。。。
    そもそもたけしさんは競馬について負けてるわけで、スロットと違って期待値プラスで買えてるわけではないですよね。
    あれから色々なブログなど見て実態を調べてみてはいますが、手動で買ってる人でスロットのように年間何百万も勝つべくして勝ってる人はいないような気がしてます。
    そもそもなんで競馬ブログはスロットと違ってどこも回収率の形で収支報告するのですかね・・・実際の収支がわかりにくくて仕方ないです・・・

    • やま のコメント:

      いや、ブログはじめられてからの収支みましたけど、今年の収支いれると多分たけしさんプラス出てると思われますよ?実際はわかりませんが、、

      自分はたけしさんの考え方で勝てる確率は高いと思いますよ!
      オッズなんて素人の方々が適当に買った分や、
      たけしさんが最初の方にかかれていたようにこの馬が好きだからといって買った分を含んだものが入ってるので、、その点考えるとデータで処理した上で実際のオッズと予想オッズの差で買うのであれば可能性は高いと思います。
      逆にデータ以外で勝てる方法はあるのかな?とおもうくらいです。
      実際に同じ方法かはわかりませんが、裁判になった例などで勝たれている方はおられるみたいですし。

      • たけし のコメント:

        昔の競馬ファンで趣味で買ってた分も含めてプラスにはなってますね。

        オッズは素人が作ってるので、全レースではないにしろ、期待値がプラスになる部分は色んな視点で出てくると思います。

    • たけし のコメント:

      データによっては恒久的でないものもありますが、少なくとも枠順などはここ20年ほとんど変わりませんね。

      競馬は回収率で見せたほうがいいと思いますね。
      年間100万プラスになったとしても、資金100万と資金1億では、資金100万で回収率200%出した方のが上手ですからね。

  2. まさっく のコメント:

    たけしさんを批判する訳じゃないですが、たけしさんほと理解されてる方でも年間でマイナス収支もありえるわけですよね。
    そう考えると、ここで質問してるレベルの人がプラス収支を上げるのはなかなか困難なように思えます。
    私はダビスタ世代(笑)で競馬は好きなんですが、収支プラスにする自信がないので一度も買ったことはありません。

    たまたまの積み重ねも、つもり積もば統計からデータとして活用すると言うことですよね。
    私はどうもこれに疑問があって…
    スロットなど、機械は裏ロム等ない限り、全部一緒ですよね。
    気温も体調も誰が打とうがどこに置かれようが関係なく。

    競馬においては生身の競争馬とジョッキー、観客、天候など、すべてにおいて同じものなんて二度とない。

    好きなんですけどね、というか、二度と同じものなんてないと思ってるからこそ競馬が好きなんだと思います(笑)

    話はそれましたが、私は脳内購入のみで勝てる気がまったくしません!(笑)

    • たけし のコメント:

      大して数こなしてないので、マイナスも良くありますが、数こなしてうまい人ならほぼ100%プラスじゃないですかね?

      自分も脳内購入では勝てる気がしないですねー^^
      どれだけ期待値あると理屈付けられるかが、結果にも現れると思います。

  3. みかんちょ のコメント:

    「期待値を取る上で、確実に毎回期待値を取る必要はないんですよ。」

    改めて期待値の考え方の勉強になりました^^

  4. end のコメント:

    この話題が出るたびにいつも同じコメントをしておりますが、逃げ先行馬だけを買っていれば100%超えです。
    問題は突然逃げる馬がわからないところですがw
    キズナ、ハープスター、スマートレイアーらの追い込み馬は圧倒的低期待値です。

    共同研究してくださる方いませんか(笑)
    まめな方(笑)

    • たけし のコメント:

      逃げ馬っていうより、「逃げれた馬」なんですよね、回収率高いのは^^
      逃げ馬を当てるってのは、思ってるより難しいですが、逃げる可能性がある馬を優遇するのはいい結果になりますね。

      逆に差し馬は不利を受けやすいです。
      考えればわかる事なんですが、競馬ファンの心理としてはどうしてもゴール前のインパクトが強くなったり、上り3Fのタイムも重視されてしまうので、結果的に差し馬が過剰人気になってしまう傾向があるってわけです。

      「位置取りのフィルター」では差し馬は期待値落ちますが、それでも他のフィルターで期待値あるパターンもあるので、単純に差し馬を買わなければいいって事でもないんですけどね。

  5. まさっく のコメント:

    競馬のオッズって、仕組みはわかるんですけど、そもそも数値化できない「強いだろう、勝つだろう」という度合いに、さらにそれ以外の夢やロマンが乗っかって買われた割合から控除分を差っ引いて買われた分で頭割りってことですよね。

    母、父とも超優良血統、同じ血統の兄弟馬がすでに大活躍、追い切りでのタイムも上々で迎えた新馬戦、普通でいけばそれなりのオッズになりますよね。
    でも前日に体調崩して本日は調子が悪いかもしれない。
    当日突然大雨、不良馬場は苦手かもしれない。

    そう考えてしまうので、私は競馬はどうもだめなんですよね。
    でもまぁ、それを言えば宵越し天井狙いは不確定な部分が大きいのですが。
    なので私は宵越し狙いもほとんどしないんですよね。

    って自分で書いてて思ったんですが、古馬戦の方が特定の馬に対する情報が増えるので、そこからでも期待値を上げられるかもしれないポイントを見つけられるってことなのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。