CR真・花の慶次2 打ち方・止め打ち攻略

CR真・花の慶次2 打ち方パチンコ 機種別解析

CR真・花の慶次2 通常時の打ち方

ストローク

調査中

大当たり中の打ち方

CR真・花の慶次2 天井付近
・ラウンド間止め打ち(9C/1ラウンド)を推奨
・捻り打ち手順は8発入賞させ、9発目を屋根にひっかけるように打ち10発目を強めに打ってオーバー入賞を狙う。

電サポ中の打ち方

CR真・花の慶次2 止め打ち・ランプ

開放パターン
①点灯 ロング
②点灯 ミドル→ショート
①・②点灯 ショート→ミドル
消灯 ハズレ
各開放入賞個数 ロング:約7個
ミドル:約4個
ショート:約2個
インターバル打ち手順
最後の開放時の閉じる瞬間に2発
開放ランプをチェック
①点灯を確認したら3発
②点灯を確認したら1~2発
①・②点灯を確認したら4発

・演出発展時は打ち出しストップ推奨

パチンコ「CR真・花の慶次2」の打ち方・止め打ち攻略についてです。

大当たり中の打ち方について

天井付近は捻り打ちがしにくい形状になっているので、基本はラウンド間の止め打ちでいいと思います。
アタッカー入賞時は14個賞球。
獲得出玉にはお助けポケットの影響もありますのでこの近辺のマイナス調整には注意しましょう。

電サポ中の打ち方について

なるべく玉減りを少なくするために止め打ちは要実践となります。

コツは「最終開放のタイミングをつかみ、2発打ち出しながらのランプ確認」となります。
開放パターンは3つとそこまで難易度は高くありません。

うまくタイミングを合わせられればお助けポケット付近の釘調整次第では玉減りを防止できるかもしれませんが、基本的には減ってしまうと思いますので、演出発展時は打ち出しを止めましょう。

CR真・花の慶次2
パチンコ 記事一覧・解析まとめ

ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。