パチンコMAXタイプ規制についての見解

パチンコMAXタイプ

パチンコMAXタイプの規制が話題になってるので、一応見解を書いていこうと思います。

パチンコMAXタイプの規制について

弊社がつかんだ情報によると、日本遊技機工業組合(日工組)は3月5日、「のめり込み」対策について
遊技者の消費金額を抑える狙いとして、内規変更を決定したようだ。

その詳細は次の通り。

(1)初当たり確率の下限値を320分の1までとする
※現行内規は、400分の1

(2)初回の大当たり獲得遊技球数の下限値は、最大獲得球数の3分の1以上かつ600個以上とする
※現行内規は、ナシ
注)対象機種は、獲得遊技球数の期待値が6400個を超えるものとする

以上に該当しない機種の開店は10月31日までとする。

引用:パチンコビレッジ

簡単に言うと大当たり確率が一番荒くて1/320になり、1/400のようなMAXタイプが打てなくなるという事です。

施行は2015年11月からで、10月までの納品分まではOKのようですね。

爆発力のある台が無くなる…といったような感じもしますが、1/320でもST突入率を下げてしまえばその分爆発力のある機種は作れるし、そこまで大きな影響はないかな…といった印象です。
出玉性能の制限はないですからね。

それよりも初当りが軽くなる事で大ハマリ台が目立ちにくくなり、稼働率が向上する可能性もあります。
やはり打っても全く当たらなかったらつまらないですからね。

同時に「最大獲得球数の3分の1以上かつ600個以上とする」という内容も含まれており、これによって出玉無し大当たりや、出玉無し潜伏確変などが出せなくなります
(ただし、出玉が保証される突確はOK)

MAXタイプ自体にも言える事ですが、ある程度出玉を出す事は大事で、出玉があるからこそその出玉で再プレイしてくれる可能性が高まります。
換金ギャップのある店では、これをするだけで客の負担は随分減りますし、その分還元にもつながります。

そもそも1日2000Gそこらしか回せないのに、1/400なんて大当たり確率がある事自体がちょっとおかしかったと思ってますね。
8000G回せるスロットでも、1/400の初当りって言ったらキツイイメージありますし…。

ちなみにMAX機の代表格「牙狼GARO」の新作は10月に発売予定との事で、最後のMAXタイプ機としてかなり注目されてます。

ブログ内検索 

6件のコメント

  1. 匿名 のコメント:

    セブンとか表記1/479で実質1/580とかでしたけどね。

  2. 通りすがり のコメント:

    パチンコはスロットと違って抜け道を探して規制を有名無実化する事は基本無いので(過去の反省から仮にどこかが抜け駆けしてもすぐに新たな規制で抜け道を潰す)、今審議されているVST規制で突入率下限50%とかになると思いますよ

    • たけし のコメント:

      V-STタイプも規制第二段として検討中のようですね。

      基本的にスペックがマイルドになる規制は賛成です。
      個人的にはもっと4パチをもっとマイルドにして、1パチを無くしたほうのがいいと思うんですけどねー。

  3. 匿名 のコメント:

    電サポで増やすタイプばかりになったりして

  4. 名無しのゾーン のコメント:

    どの道スペックがユーザー寄りになったとしても等価ホールでは更に営業が辛くなるんじゃないでしょうかね?

    突入率込みで確変獲得率が1/800でも、単純なヘソ回転で15〜17付近、確中削りで更に期待値は下がります。

    自身の県内で色々なホールを見てきましたがこれだけパチが厳しいなら他都道府県も似たり寄ったりの現状かなと。

    花の慶次も客飛びが著しくなってきてます。あの様な名機をホールはしっかりコントロールして使って頂きたいんですけどね。

    • たけし のコメント:

      基本的にパチンコやスロットは等価でやるものじゃないと思いますねー。

      電サポ中の削りは個人的には一番ストレスがかかります。
      そう思ってる一般人も少ない無いと思うので、等価をヤメて削りを若干甘くするだけでも将来的な集客効果はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。