アラジンA2 AC高確移行振り分け

アラジンA2 AC初当り時の高確割合
©sammy

アラジンA2 AC初当り時の高確移行振り分け

AC初当り時の振り分け
ショート ミドル ロング
設定1 55.5% 40.0% 0.5%
設定2 60.0% 39.0% 1.0%
設定3 47.5% 42.5% 10.0%
設定4 50.0% 48.0% 2.0%
設定5 33.3% 33.3% 33.3%
設定6 25.0% 65.0% 10.0%
AC高確ショート滞在時に当選した場合の移行率
ミドル ロング
設定1 95.5% 4.5%
設定2 99.0% 1.0%
設定3 90.0% 10.0%
設定4 98.0% 2.0%
設定5 66.7% 33.3%
設定6 90.0% 10.0%

リーチ目役成立時  ロング移行:100%
ロングフリーズ成立時  超ロング移行:100%

アラジンのアラチャン(AC)高確への移行率解析です。
初当り時はショート・ミドル・ロング・超ロングのいずれかの高確状態に移行します。

アラチャン高確は最低15G保障で、そこから転落抽選が毎G行われます。
天井は70Gで、その時点でアラチャン高確の場合は強制的にアラチャン当選となりますね。

大体40G以内に引き戻す事が大半なので、50G以上様子見する必要はほぼないでしょう。
高確状態は満月ステージによって示唆、もしくは転落後のラクダ横切り演出で示唆してます。

また、高確ショート中にAC当選すると、必ず高確ミドル以上に昇格します。
短いG数で引き戻した場合は次回の引き戻しも期待できるので長めに様子見てもいいでしょう。

リーチ目の場合は高確ロング、フリーズの場合は高確超ロングが確定する事も覚えておいた方が良さそうです。

設定差による振り分け

設定6は高確ミドルに移行しやすく、設定5は高確ロングに移行しやすいですね。

そもそもミドルとロングは見分けにくいため、5・6判別はなかなか難しい所ですが、設定1と比べると明らかにショートの割合は少なくなります。
いつもよりアラチャン高確が長くなるようだったら、高設定の可能性は上がりますね。

AC高確時の当選率や転落率はまだ解析出てないみたいですが、稼働がイマイチなんだからもうちょい解析進んで欲しいですね…。

アラジンA2
記事一覧・解析まとめ

にほんブログ村 トラコミュ パチスロ・スロット 設定狙い稼働・解析へ にほんブログ村 トラコミュ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ
ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。