マクロスフロンティア2 高確ゾーン移行マップ解析

マクロスF2 高確率

高確ゾーン移行マップ 解析

◎マップ選択率 ボーナス当選後

設定1・3・5 設定2・4 設定6
マップA 57.9% 57.9% 54.4%
マップB 30.0% 20.0% 28.2%
マップC 10.0% 20.0% 9.4%
マップD 2.0% 2.0% 8.0%
マップE 0.2% 0.1% 0.1%

◎マップ選択率 設定変更後

設定1・3・5 設定2・4 設定6
マップA 40.6% 23.2% 21.8%
マップB 21.0% 8.0% 11.3%
マップC 7.0% 8.0% 3.8%
マップD 1.4% 0.8% 3.2%
マップE 30.0% 60.0% 60.0%

◎高確ゾーン移行率

マップA マップB マップC マップD マップE
55G 高確 高確
166G 高確 高確 超高確 高確
277G 高確 高確 高確
388G 高確 高確
499G 高確 高確 高確
611G 高確
722G 高確
833G 高確
944G 高確

◎ボーナス直後の状態昇格率
通常→高確 55%
通常→超高確 25%
高確→超高確 50%

マクロスフロンティア2の高確状態は「通常」「高確」「超高確」と3種類あり、ボーナス解除率などに影響してます。

レア小役とG数管理で昇格抽選が行われ、G数管理の方は5種類のマップによって、何Gで抽選が行われてるかが決まっています。
各ボーナス後などにマップ抽選が行われるようですね。

また、ボーナス直後は高確移行自体の抽選もしてるみたいです。
超高確の期待もできるため、10Gほど様子見ても悪くないかも。

ステージによる高確示唆

高確示唆としては、マヤン島やグリフィスパークの丘へ移行で高確の可能性がグンと上がります。

ステージ移行に注目ですね。

状態転落率

高確から通常への転落は、押し順ベルの22.4%で転落します。
ちなみに超高確から高確へは16.0%

結構早めに転落するため、高確滞在率は基本的に短めです。
押し順ベルが約1/4なんで、昇格を考慮しない平均高確滞在率は18Gほどでしょうか。
結構早めに転落する可能性もあるんで、高確状態は追いすぎない方が良さそうです。

通常時における押し順ベル成立時の出目は、ハズレ1枚役or上段ベル揃いなどですね。

166G直後に注目

全体的に見ると、一番高確移行に期待できるゾーンは166G。

マップA・マップCの選択率もあるし、マップDでは超高確のチャンスです。
166G直後は15Gほど回す価値あるかもしれないですね。

また、設定6は166Gの超高確移行が目立つ事も特徴です。

設定変更後は状態優遇

上記の表から、設定変更後は高確に移行しまくるマップが選択率されやすいです。

設定変更後のノーボーナスは、天井狙いなども優遇して狙えると思いますね。

マクロスフロンティア2
記事一覧・解析まとめ

にほんブログ村 トラコミュ パチスロ・スロット 設定狙い稼働・解析へ にほんブログ村 トラコミュ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ
ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。