CR大海物語4 打ち方・止め打ち攻略

CR大海物語4 アタッカーパチンコ 機種別解析

CR大海物語4 大当たり中止め打ち

12Ror15R大当たり時

・天打ち(最上部付近の釘狙い)消化

捻り打ちでオーバー入賞率UP
3~4個入賞した瞬間に捻り打ち
2R大当たり時

・アタッカーの短い開放に合わせて打ち出す

2R大当たり時のアタッカー開放
1.8秒×2回

電サポ中止め打ち

開放パターン

・1種類のみ

止め打ち手順
インターバル止め打ち
電チュー開放の瞬間に4個打ち出し
繰り返し

パチンコ「CR大海物語4」の打ち方・止め打ち攻略についてです。

細かい技術介入要素ポイントがありますので解説していきます。

2R大当たり時のアタッカー開放

従来の「3・4・1」揃いによる大当たりは
突然確変としてアタッカーの開放は伴いませんでしたが、
本機は1.8秒間の開放が2セットと狙えばそれなりにアタッカー入賞が見込めます。

アタッカー賞球は11個なので
多少タイミングがずれても損はしないと思いますので積極的に狙いたいですね。

ビッグアタッカー搭載による恩恵

搭載されているアタッカーは
幅が広く、しかしセンサー感知が鋭く閉まるのが早い
といった特徴をもっています。
通常のアタッカーよりはオーバー入賞がしやすい仕様になっていますね。

左右の釘調整を見比べて判断する必要はありますが、
基本的に釘最上部付近を狙った天打ちで消化し、
大体3~4個入賞させた瞬間に捻り打ちを混ぜれば
10発目と11発目が右から流れてきてオーバー入賞を狙えると思います。

電サポ中止め打ちの注意点

電サポ中は「開放の瞬間から4個打ち出し」
といったシンプルな止め打ち手順となっています。

ただし、あくまでスルーが削られていない台
でなければかえって玉減りを起こしてしまいますので気を付けましょう。

CR大海物語4
パチンコ 記事一覧・解析まとめ

ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。