現金投資時の持ち玉比率を考えた立ち回り【Q&A】

Q お尋ねしたいのですが期待値で
5.6枚現金だと500円 持ち玉だと1500円みたいな台がありますよね。

500円を打つのはどうなんだろうって話なんですが持ち玉を作る為にプラマイゼロとかでも打っていくってのは手段としてありですか?

新規開拓したホール(再プレイ有り)で貯玉を作る場合
1)持ち玉にする為に安めでもいく
2)5.6現金のボーダー(つまり持ち玉ならかなり高めのボーダー)を根気強くまつ

どちらが良いんでしょうかね。
1)だと荒れるでしょうが早めに持ち玉になるので将来的に高い期待値を取りやすいですし、2)だと安定して環境の変化にも強いでしょうし。

A 換金ギャップがある店で現金投資で打たざるを得ない時は、その辺も考えてあえてボーダーを下げて持ち玉を作るってのもありだと思います。

もちろん、そのホールがある程度拾えそうなホールである事が大前提ですけどね。

結局持ち玉比率が高くなるのであれば、多少最初の台で期待値を削っても、メリットがあるわけですから。

自分も旅打ちの場合などはその辺を考えて、打つ台を調整したりします。

この辺の立ち回りは、貯玉再プレイできない換金ギャップのあるホールなどでも重要だと思います。

再プレイできないギャップ店は、ライバルも少なく基本的に期待値の大きい台が拾いやすいはずです。

なので、マイホでも敢えてそういったホールで、現金投資を使った立ち回りを確立していくのもオイシイかもしれないですね。

Q&Aの記事一覧

にほんブログ村 トラコミュ パチスロ・スロット 設定狙い稼働・解析へ にほんブログ村 トラコミュ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ
ブログ内検索 
スロットカレッジ

3件のコメント

  1. 非日常的incident のコメント:

    私も新規開拓に只今現金投資しています^ – ^

    主要2店舗に関しては7k枚を確保(内1店舗は引き出し日/1k枚)

    その他ホールでは拾える状況が余り無いですが等価時とほぼ同様狙い目G数で立ち回っています。

    55枚交換なので年間収支は理論上減収となってしまいますが2-9さんと同様に『打たなければ貯メダル出来ない』ので打っています。

    優先順位は主要ホールの引き出し無制限ですが現実ジグマが出来ないので数店舗は必ず回らないといけません。
    凱旋700、ハーデス700、慶次600、ガチプロからしたらボーダーは低いと思いますが全然打ちますね^ – ^

    必ずしもボーダー期待値が絶対ではない(期待値3k以上からも拾えるしボーダーギリもある)んですよね。
    持ち玉遊技も当然あるわけですから55枚.56枚ならそんなにシビアにならなくても良いと個人的には思います。(ガチプロは知りません)

    • じお のコメント:

      ブロガーで、ガチプロだの月収400だの言うてる方もいますが、本当にあのボーダーで拾えるわけは無く、、、
      結局プロであろうエナバルの中でもかなり勝ってるだろうなって人は、兎に角台数をこなしてますね。ただただ早目に刈り取ってしまう訳でも無く、根拠のあるボーダー下げはアリですよね。

    • 匿名 のコメント:

      私もそんな感じですねー。
      貯玉作る時に現金投資で50枚→56枚ならば
      出玉全部貯玉にすれば欠損はないかと思うのでボーダー気にせず打ちますが、47枚→53枚とかのホールだと現金きつすぎるので、とりあえず5000枚貯まるまでちょこっとだけボーダー上げますかねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。