定量制パチンコの期待値計算方法【Q&A】

いつも拝見させていただいています。
質問なんですが。

最近近くのホールで定量制パチンコが開始されておりミドル、マックスが等価交換一万発打ち止めとなっています。

だいたい22,3回転回るような感じなんですが定量制の場合のボーダー計算はどのようにすればいいのでしょうか?

自分的にはミドルでは狙っていけると思っているのですがたけしさんのご意見をお聞かせください。

いつも見て頂いてありがとうございます。

定量制交換一万発打ち止めは、要は1回の確変の上限が10000発に達した時点で終了ってシステムですね。

定量制の場合のボーダー計算はちょっとややこしく、正確に出すのはややこしいと思いますが、大当たり時の平均出玉を定量制によって取りこぼす分を差し引いた値に置き換えてボーダー計算すると考えればOKだと思います。

ガロ金色の場合、6連まで取りきれて7連以上を取りこぼすと仮定。
つまり7連以上する分の出玉を初当たり時から差し引けばOKだと思いますね。

【初当たり時の平均出玉】-(【7連以上する確率】×【7連以上した場合の出玉欠損分】)=【定量制の場合の初当たり平均出玉】

初当たり時の平均出玉=約6100玉
初あたりから7連以上する確率=約12%
7連以上した場合の出玉欠損分=ST突入時からの平均出玉=約6600玉

6100-(0.12×6600)=5308玉

といった感じですね。

ガロの場合は出玉が13%ほど少なくなるので、
ボーダーは16.68/1kだった場合19.24/1kまで上がる事になりますね。

定量制1万発制限による差は、大きくて出玉が13%減、1kで2.6回転上がると考えておけば大丈夫でしょう。

定量制による変化は機種のスペックによって様々で、いちいち計算するのも面倒だと思うんで、ザックリ考えておけば大丈夫だと思います。

定量制1万発制限の場合、
ミドルタイプでは出玉を5~8%減、MAXタイプでは出玉を10~13%減として期待値計算すればいいと思いますね。

22~23回るのなら、余程削られてない限り、朝からミドルを打てば十分日当出るんじゃないでしょうかね?

ブログ内検索 

10件のコメント

  1. しま のコメント:

    定量制なんて初めて聞きました‼︎
    10000発出たらその台は稼働停止になるんですか?

    • 匿名 のコメント:

      同じく初めて聞きました。
      で、調べてみたら1万発到達でリセットされるようですね。
      よっぽど釘がよくてもMAXはメンタル的に打ちにくいですね~。
      逆に甘デジだったら打ってみたいですね。

      • たけし のコメント:

        自分の周りも無いですが、最近はまた結構増えてきてるって話は聞きますねー。
        甘デジで1万発制限は無さそうですが…^^

    • たけし のコメント:

      1万発出たらその時点で1回交換するシステムですね。

  2. ガンギマリマン のコメント:

    そんなのあるんですね〜。爆発するのを夢見て毎日うってるのに、夢がない気がしますよ

  3. 名無しのゾーン のコメント:

    昔は殆ど定量制やラッキーナンヴァー制でしたよw
    当時はK/30回転で確変も嵌れば玉がモリモリの台が多かったんで普通に勝負は出来ましたね。

    7で当たれば終日ノーパンクになり勝率も格段に上がり脳汁要素満載だった記憶があります。

    • たけし のコメント:

      定量制はいいシステムだと思いますね。
      夢が無いと言えばそうだけど、ホールにも客にも優しいシステムかと。

  4. 匿名 のコメント:

    高継続率の台や海物語の連チャン中は9999玉に調節した方が得ってことなんですかね?

    • たけし のコメント:

      効率良くなるように調節するのは難しそうですが、ワザと出玉を減らす打ち方も有効かもしれませんね。

  5. ばちこい のコメント:

    そっか、ラッキーナンバーせいとか知らない世代もいるんだもんなー

    結構昔は普通にありましたよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。