おとめ妖怪ざくろ 天井恩恵・スペック解析

おとめ妖怪ざくろ
©北電子

天井性能

・ART間規定G数で天井
→通常Aモード 最大1280G
→通常Bモード 最大1280G
→ざくろモード 最大396G
→天国モード 最大128G
・設定変更で天井G数リセット(※据え置き時は液晶G数を引き継ぐ

天井狙い目ボーダー

・通常時液晶G数で770G~天井狙い

やめどき

・ART後、128G以内の天国ゾーン否定を確認してヤメ

北電子からART機の新台「おとめ妖怪ざくろ」が登場です。

通常時スペック

ARTのみで増やすタイプで、通常時は「ざくろシステム」と言う、天井G数短縮システムを装備してます。
主にレア役で短縮抽選するようですね。

通常時からは、G数解除と自力解除のCZからARTに当選。
G数解除は解除率の高いゾーンと低いゾーンが明確にあるようです。

CZ「阿吽祈願」

自力解除のCZで、主にレア役経由で当選。
CZ後半で阿吽が吠えればART突入確定。

ARTスペック

ART「妖々RUSH」

純増は2.2枚/1GのART。
1セットは30~300Gです。
消化中はレア役などで、「妖々RUSH・鬼」への昇格抽選を行ってます。

ART「妖々RUSH・鬼」

1セット50G+上乗せG数。
レア役などでG数上乗せ、セット数ストックなどを抽選。

妖艶乱舞

10G継続。「覚醒」へのチャンスゾーン。

覚醒

5G継続し、毎G上乗せ抽選する特化ゾーン。

天井狙い目&やめどき

天井は1280Gですが、G数短縮抽選があるため実際はもっと短くなるでしょう。

大体短縮抽選は約1/70で発生し、短縮G数の平均は45Gのようです。
そうなると、実際の天井G数は約779Gほどになる計算です。

宵越しは効きませんが、据え置き時は液晶G数を引き継ぐみたいなんで、据え置き判別が可能です。
朝一で前日のG数や履歴が残ってる要であれば宵越し確定と見てOKですね。

おおよその天井の狙い目とすると、液晶G数の短縮済のG数で770Gあたりかな…と思います。

また、かなり天国モードの移行率が強そうです。
おとめ妖怪ざくろ ゾーン実践値と考察

やめどきは、ART後に天国移行を否定してヤメが無難だと思います。

おとめ妖怪ざくろ
スロット 記事一覧・解析まとめ

にほんブログ村 トラコミュ パチスロ・スロット 設定狙い稼働・解析へ にほんブログ村 トラコミュ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ
ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。