2018年3月9日(金) 04:14 パチンココメント(1)

CRフェアリーテイル 打ち方・止め打ち攻略

フェアリーテイル 打ち方パチンコ 機種別解析
©藤商事

通常時の打ち方

・4個保留なのでオーバー入賞を避けるためヘソ保留は3個まで貯め、そこから1~2個打ち

ストローク

調査中

大当たり中の打ち方

・ラウンド間止め打ちを推奨

ラウンド間止め打ち
上アタッカー 8個入賞で打ち出しストップ
下アタッカー 3~4個入賞で打ち出しストップ
捻り打ち手順
9個入賞させ(上アタッカーは7個、下アタッカーは3個目入賞で打ち出しストップ)、10発目を屋根にひっかけるように打ち11発目を強めに打ってオーバー入賞を狙う

電サポ中の打ち方

・電チューが開いた瞬間から7発
・101回転目以降のリーチ発生時は打ち出しストップ

パチンコ「CRフェアリーテイル」の打ち方・止め打ち攻略についてです。

大当たり中の打ち方について

捻り打ちの難易度がやや高く、オーバー入賞しにくいようですね。
下アタッカーはセンサー感知が遅めのようですが、道中のこぼしがネックとなります。

推奨はラウンド間の止め打ち
ラウンド間のインターバルが長くこれだけでも効果が高いので要実践ですね。

電サポ中の打ち方について

開放に合わせて7発打ち出しとシンプルな手順となります。

本機の電サポは特徴的で、101回転目以降はリーチが発生すると電サポが止まる仕様のようですので、必ず打ち出しをストップしましょう。

CRフェアリーテイル
パチンコ 記事一覧・解析まとめ

更新日時:2018年3月9日(金) 04:14 コメント(1)

1件のコメント

  1. 匿名 より:

    打ってないから分からないけど、101回転目以降はリーチ=当選or転落ってことじゃないの。だとしたら特殊でもなんでもない

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ