CRアントニオ猪木 打てばわかるさ!ありがとぉー!!! 打ち方・止め打ち攻略

CRアントニオ猪木 打てばわかるさ!ありがとぉー!!!パチンコ 機種別解析

通常時の打ち方

ストローク

調査中

大当たり中の打ち方

・ラウンド間止め打ち(8C/1ラウンド)を推奨

電サポ中の打ち方

闘魂チャンス(小当りRUSH)中以外

・電サポは左打ちで消化
・電チューが開いたら2発

闘魂チャンス(小当りRUSH)中以外

・基本的に打ちっ放し

パチンコ「CRアントニオ猪木 打てばわかるさ!ありがとぉー!!!」の打ち方・止め打ち攻略についてです。

大当たり中の打ち方について

下アタッカーが開放される場合は左打ちで消化、
右アタッカーが開放される場合は右打ちで消化する必要があります。

右アタッカーはセンサー感知が鋭く、8個目が入ったらすぐ閉まってしまいます。
天井付近の形状も捻り打ちには不向きなので右打ち時はオーバー入賞がかなり難しそうです。
無難にラウンド間止め打ちを推奨します。

下アタッカーはやや感知が遅いようで、オーバー入賞が見込めます。
が、こぼしやすいゲージとなっているため狙ってオーバー入賞させるためには逆捻り打ち(強→弱)や多めに打ち出した方がいいかもしれません。

電サポ中の打ち方について

闘魂チャンス(小当りRUSH)中か否かで打ち方が変化します。

闘魂チャンス中は演出上ベル揃いで小当り(1/2.15)となります。
それを狙えればいいんですが、演出を確認してから打ち出すのでは間に合わないので、基本的に大当りするまで打ちっ放しで消化でOKです。

闘魂チャンス以外の電サポ中は2個打ちを繰り返しましょう。

CRアントニオ猪木 打てばわかるさ!ありがとぉー!!!
パチンコ 記事一覧・解析まとめ

ブログ内検索 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは送信後、一時承認待ちとなってから反映されます。
メールアドレスを入力すると、次回からは承認せずに即反映されます。