2020年3月3日(火) 03:38 スロット・パチスロコメント(2)

ルパン三世イタリアの夢 エンディング最大獲得枚数GET!

MAX2400枚

ルパンイタリア 90・ルパンボーナス後

ルパンボーナス後90Gの台。

まず346Gでレア役経由でルパンボーナス当選。
有利区間継続だったんで、続行しました。

有利区間継続すると大体200ゾーンでヒットするんですが、448Gでヒットしました。
しかしここもルパンボーナスで有利区間続行。
ルパンボーナス画面では五右衛門まで出現。

次は240Gで、ようやくMAXボーナス当選。

するとこのMAXボーナスが連チャンしまくり!
天国モードでは3連以上する事はまずないんで、ルパンモードにヒットしたっぽいですね。

結局5連目でエンディング突入で、2400枚確定!

ルパン三世の最後

ちなみに最大枚数獲得できるエンディング「ルパン三世の最後」は、
4連目の0.4%
5~6連目の60%
7連目の100%で発生します。

7連目くらいまで来るとエンディングと獲得枚数ほとんど変わらないですが、5連目でエンディング引けるかどうかは結構変わりますね!

エンディングの最大獲得枚数の取り方

ルパン三世最大獲得枚数 2888枚

ルパン三世最大獲得枚数 2885枚

6号機で忘れてはならない最大獲得枚数GET。

ルパンのエンディング時は2401枚以上になった時点で終了するため、実質的な最大獲得枚数は2412枚になります。

ルパンイタリアのような15枚役のある機種は、最大獲得枚数を狙うのと狙わないのとで差が出やすいので忘れないようにしたいですね。

ルパンは基本的には3枚BET→15枚獲得の繰り返しで、12枚ずつ増えていきますが、3枚役や1枚役なども発生するため獲得枚数にズレが生じます。

最大獲得枚数をGETするには…

獲得枚数2388枚

3枚BET 獲得枚数2385枚

15枚役獲得 獲得枚数2400枚

3枚BET 獲得枚数2397枚

15枚役獲得 獲得枚数2412枚

…といった形で終了するのがベストなので、獲得枚数を2388枚に調整すればOKですね。

15枚役の押し順プラムの時に、わざと押し順を外せば、0枚か1枚獲得になるので、2401枚以上にならないように調整しましょう。

設定狙い時は回転重視で必ずしも2412枚ピッタリに調整しなくても良いかもしれませんが、天井狙い時はなるべく2412枚を狙うようにしたいですね。

結果的には投資が嵩んだため差枚は+1550枚でしたが、大勝ちでルパンの収支を一気に上げる事が出来ました。

90分 +1550枚


北斗天昇 23前404

天昇

北斗天昇の23G、前回404Gの台です。

50ゾーンの断末魔ゾーンはレア役で結構伸びて110Gで当選。
0Gからレア役で2回バトルに入り、最終的に強チェで当選した感じですね。

強敵バトルでも初戦で強チェを引いてすぐに天昇ラッシュ確定しました!
50ゾーンでの強敵バトルは初戦勝利確定なので、この時に確定役引けるかどうかが勝負ですね。

天昇ラッシュ中は比較的すぐ終わりましたが、隣の台も拾える状態だったので早く終わってよかったかも?

19分 +589枚


北斗天昇 41前451

続けて北斗天昇。
41Gの、前回451Gのの台です。

448Gで当選し、こちらは1戦目で負けー。

32分 -192枚


北斗天昇 9前684

もう一回北斗。
9Gで、前回684Gの有利区間中の台です。

234Gの天井で当選。
小役レベルは2でしたが、すんなり3戦勝利して天昇ラッシュ当選。

天昇ラッシュは獲得513枚ですぐ終わり、差枚は+317枚でした。

28分 +317枚


2020年 スロット収支 +9827枚 +196540 時給 4685

ルパン三世~イタリアの夢~
スロット 記事一覧・解析まとめ

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
ランキング参加中!応援クリックお願いします
にほんブログ村 トラコミュ パチスロ・スロット 設定狙い稼働・解析へ にほんブログ村 トラコミュ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ

更新日時:2020年3月3日(火) 03:38 コメント(2)

2件のコメント

  1. 匿名 より:

    ルパンは減台に次ぐ減台で1台になっても稼働してないので拾えないです(悲しみ)

    面白いと思うんですけどねぇ

  2. 北斗天昇攻略隊 より:

    ルパン食えるんですけど食えるからこそ終日未稼働‥
    それでも日々リセットをするホール‥
    世も末ですな。

    私が通ってるメガホールはルパン全台撤去、天昇は有利区間非継続でヤメ(初回〜次回迄)で時には終日未稼働もあります。
    システム的にしょうがないですね‥

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ