2018年10月10日(水) 02:02 スロット・パチスロコメント(0)

ロックマン アビリティ 打ち方・リール・小役出目

ロックマン リールスロット 機種別解析
©スパイキー
※10/10 ボーナス最速揃え手順を追加
※10/4 完全小役奪取手順を追加

ロックマン アビリティ 打ち方

通常時

左リール枠上~上段にBAR狙い、右リール適当打ち
ロックマン 打ち方

▼▼▼

スイカテンパイ時は中リールBARを目安にスイカ狙い
スイカテンパイ時

スイカ スイカ揃い】
チャンス目 スイカハズレ】

その他は中リール適当打ち

チェリー 角チェリー】
チャンス目 ベルテンパイハズレor右下がりBAR・ボーナス絵柄・ボーナス絵柄】
アタック目 リプレイ小山型】


完全小役奪取手順

中リール枠下に紫7狙い
ロックマン 中押し

▼▼▼

中段ベル停止時は右リール適当打ち、中段ベルテンパイ時は左リールBAR狙い
中段ベルテンパイ時

ベルA/Borチェリー

中段スイカ停止時は左リールBAR狙い、右リール適当打ち
中段スイカ停止時

スイカ

下段2連BAR停止時は左リール青7狙い
下段2連BAR停止時

中段青7停止時は右リール赤7狙い
下段青7停止時は右リール紫7狙い

チャンス目Aorチャンス目Borボーナス

その他は左・右リール適当打ち

リプレイorアタック目orハズレor1枚役


ボーナス最速揃え手順

左リール下段に紫7をビタ押し
ロックマン 最速揃え

▼▼▼

下段紫7停止時は右リール上段に紫7狙い
下段紫7停止時

紫7テンパイ時は中リール中段に紫7をビタ押し
紫7非テンパイ時は中リール適当打ち

スイカorチャンス目or紫BIG

下段青7停止時は中リール枠上~上段に青7狙い
下段青7停止時

青7テンパイ時は右リール紫7狙い、青REG否定時は次G青BIG狙い
青7非テンパイ時は次G下記手順を実施

紫BIG以外のボーナス

右リール枠内に紫7狙い
紫7狙い

▼▼▼

下段紫7停止時は中・左リール赤7狙い、赤REG否定時は次G赤BIG狙い
下段紫7停止時

赤系ボーナス濃厚

上段BAR停止時は中リール紫7・左リールBAR狙い
上段BAR停止時

S-BIG濃厚


ボーナス中

予告音発生時は左リール上段に青7or枠下に赤7をビタ押し、中・右リール適当打ち
青7ビタ

赤7ビタ

成功で15枚役獲得

演出無し時は小役狙い手順で消化


アビリティアタック中

液晶で指定された絵柄をビタ押し
コインウーマン

成功でRT80Gに突入(失敗時はRT30G)
逆押し適当打ちで消化した場合はRT55Gに突入


RT中

通常時と同じ手順で消化

パチスロ「ロックマン アビリティ 史上最大の試練」の打ち方についての解析です。

通常時は右リール適当打ちで取りこぼし無し、かつフラグ判別可能となるのでハサミ打ちでの消化がお勧め。

スイカテンパイ時のみ中リールをフォローしましょう。

また、中押しすると全ての小役を取得できる上、設定差のあるベルA/B・ベルC判別が出来るので、設定狙いの際は中押しがお勧めです。

ボーナス成立時は上記手順で揃えることでコインロスを抑えることが出来るので、最速揃え手順を実施しましょう。

ボーナス中の技術介入

ボーナス中の予告音発生時は、左リール上段に青7or枠下に赤7をビタ押しすることで最大枚数を獲得出来ます。

さらに成功時の画面で設定を示唆していますが、枠下に赤7をビタ押しした時のほうが設定示唆画面が出現しやすくなっているようなので、設定狙いの際はそっちを狙ったほうがいいですね。

アビリティアタック中の技術介入

アビリティアタック突入時は液晶で指定された絵柄をビタ押しすることでRT80Gを獲得出来ます。

キャラによってビタ押し箇所が異なり、
コインウーマンは左リール下段に青7をビタ押し
ブルースは左リール下段に紫7をビタ押し
レバーマンは左リール中段にBARをビタ押し
チョイスマンは左リール枠下に赤7をビタ押し
リバーシマンは左リール上段に赤7をビタ押し
リプレイマンは左リール枠上に赤7をビタ押し
チャンスマンは目押し不要でRT200G確定
となるので、しっかり液晶を確認してから目押ししましょう。

ビタ押しに失敗するとRTのG数が30Gとなりますが、逆押しした場合は救済措置として55GのRTを獲得出来ます。

目押しに自信が無い場合は逆押しで消化したほうがいいですね。

ロックマン アビリティ 史上最大の試練
スロット 記事一覧・解析まとめ

にほんブログ村 トラコミュ パチスロ・スロット 設定狙い稼働・解析へ にほんブログ村 トラコミュ パチスロ ハイエナ 天井狙い稼働&解析へ

更新日時:2018年10月10日(水) 02:02 コメントする

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ