2018年9月5日(水) 01:47 パチンココメント(0)

CR真・北斗無双 第2章 打ち方・止め打ち攻略

真・北斗無双 第2章パチンコ 機種別解析
©サミー

通常時の打ち方

・4個保留なのでオーバー入賞を避けるためヘソ保留は3個まで貯め、そこから1~2個打ち

大当たり中の打ち方

・ラウンド間止め打ちを推奨
※8~9個目入賞を目安に打ち出しストップ

幻闘RUSH中の敗北(短2R)時の打ち方

・結果画面に獲得出玉が表示されたら打ち出し、2R目のアタッカーが開放したら打ち出しストップ

電サポ中の打ち方

インターバル止め打ち

・2回目の開放が開いたら打ち出しストップし、1拍置いて打ち出し
・リーチ演出発生時は打ち出しストップ

パチンコ「CR真・北斗無双 第2章」の打ち方・止め打ち攻略についてです。

大当たり中の打ち方について

アタッカー賞球が多いのでオーバー入賞を狙いたい所ですが、捻り打ちには適してない構造なので、ラウンド間止め打ちを推奨します。

注意したいのは幻闘RUSH中の敗北(短2R)時の打ち方で、上記手順でタイミングを捉えて100発弱の出玉を獲得しましょう。

電サポ中の打ち方について

基本的に玉減りを防止させることが目的なので、上記手順のインターバル打ちで消化し、演出発生時には打ち出しストップする事を徹底しましょう。

CR真・北斗無双 第2章
パチンコ 記事一覧・解析まとめ

更新日時:2018年9月5日(水) 01:47 コメントする

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ